月別アーカイブ: 2019年12月

無償でお金ください

無償でお金くださいって、書き込みすれば誰か助けてくれるのでは?
金銭的にピンチになっている場合、こんな考えを持ってしまうものなのです。
私は24歳のOL。
無計画なためか、やり繰りが下手なせいか、常に金銭的にも困ってしまっていたのです。
体の関係を作らなくても、お金をくれる男性が世の中にはいるらしいのです。
だから、いろいろなところで無償でお金くださいと書き込んだりすることで、助けて貰えるのではないか?
こんな考えを強めてしまったのでした。

 Twitterって、めちゃ便利で人気が高いツールですよね。
人によっては裏垢女子なんかやったりする。
多岐にわたる需要がある世界なんです。
だから、こちらで無償でお金くださいってツイートすれば、お金持ちが助けてくれるんじゃないかな?
素直にこんな考えを持ってしまったんです。
普段使いのアカウントではあれですから、新しくアカウントを作ってみました。

 無償でお金くださいってツイートしました。
そうしたら、当たり前のように悪意に満ちたリプがどんどんと飛んでくる。
ブロックしきれないほど、たくさんのリプがやってくる。
もちろん、お金あげますという人じゃありません。
馬鹿にする人たち。
愛人契約のようにパパ契約を希望する税理士
誹謗中傷に命をかける人たち。
超ヒマな人たちからの、悪意のあるリプライが星の数ほど飛んできちゃって、収集がつかない状態に。
炎上して終了してしまいました。

 次に無料の掲示板を利用することにしました。
個人融資の掲示板がネットにはあります。
こちらにも、無償でお金くださいって投稿してみたんです。
メールが届いた時は、本気モードで大喜び。
待ち合わせに応じることにもなりました。
「月額100万円で大丈夫?」
このセリフに、涙がこぼれ落ちそうに。
「基本はデートだけでいいんだけど、初回だけ体の付き合いを作って欲しいんだ。これは信頼関係を作る意味」
体の関係は1回だけ。
2回目からはデートで毎月100万円。
借金返済も可能だし、お金を遣いまくることも出来る。
私は素直に、初回の肉体関係に応じてしまったのです。

 結局、1回セックスしたらあとは連絡が取れなく。
これ、完璧ヤリ逃げってヤツでしょうか?
お金欲しい掲示板
サポ掲示板

痴漢待ち合わせ

痴漢待ち合わせで指定された時間にその駅に行ったの。
当日に服装とか連絡しますってことだったから、スマホ片手に電車のホームで待ってたんだけどさ・・・
連絡が来ないのよ。
まぁ、痴漢待ち合わせに限らず、出会い系はみんなそうだよね。すっぽかされたりドタキャンされたり、当たり前の世界だから。
俺も、諦めて帰ろうかなって思った時に、後ろからぴったりくっついてくる女がいて・・・
はっと振り返ったらにこって笑いかけられて・・・
「痴漢待ち合わせ、しないの?」って引きとめられた。
割とキレイ系のお姉さんって雰囲気。髪は長くて、細身で、モデルみたいに黒いキャスケット被ってて。
その人に手をひっぱられて、ちょうど来た電車に二人で乗り込んだ。
痴漢待ち合わせをTwitterでしたJKとは会えずに逮捕を回避して学んだ事
電車に乗ったらまるで知らない二人みたいな顔して・・・痴漢待ち合わせだから触っていいんだよな?電車の揺れ利用して体押し付けていいんだよな?
って思いつつ、体を密着されたら・・・
彼女の方が俺を押さえこむような形になって、下半身サワサワされちゃって。
耳元で「こんなに固くなってるんだ?」ってささやかれた。
痴漢待ち合わせってこういうこと?俺が痴漢される側だった?
ズボンのチャックが下ろされるような感覚があったと思ったら、にゅっと彼女の細い指の感覚が伝わってきて・・・ヤバいって思ったよ。
不意打ちだろ、これ・・・。
扉側に押しつけられて、後ろから手を回されてシコシコされちゃって、もう無理ってガラス窓に指を押しつけて耐えてたんだけど、彼女の手はしっかり俺のを握りこんでて・・・
次の駅付く寸前でドピュッって出ちゃってさ・・・。
駅に着いたら彼女、風のようにさわやかに下りて行った・・・
イメプ掲示板
変態プレイ

パトロンの意味

簡単に稼げるかなと思って働き始めたホステスは意外と大変でした。気遣いや、知識などいろんなものを必要とされ30歳から働き始めた私でもまだまだ男性についても分からないことだらけでした。
そんなある日、今日は店で一番稼いでいるレナのヘルプとして一緒の席に座ることになりました。「あのお客さんはレナのパトロンだけど一緒に座るとヘルプでもお小遣いもらったりするよ。良かったね。」レナが小声で教えてくれましたがパトロンの意味を知らない私は不思議に思いました。そして、レナのお客さんが帰る時にレナが言った通りにお小遣いを貰えました。こんなに頂いたのは初だから一度受け取れないと断るとお客さんは笑い気にしないでと言ってくれたのでもらうことにしました。
お金を支援してくれる人
それから数日後、レナがいない時にあのお客さんが私を指名してきました。すると店のママが「レナをやめて貴方のパトロンになるのかな。」と言いました。相変わらずパトロンの意味を知らない私だけど、お客さんのおかげでようやく意味を知りました。「お金に困っていたら助けてあげるよ。見返りとかいらなからたまに食事とか言ってくれればいいから。」嬉しいけれどこの人はあくまでもレナのお客さん。私が取るわけにもいかないので「困っていた時はお願いします。」と、軽く流しました。
ところが1ヶ月後、レナが店を辞めました。それと同時にあのお客さんがまた私を誘ってくれました。店を辞めたしもう断らなくていいと思った私は彼と契約を結びました。
支援してくれる人
無償でお金くれる人